口と耳のリハビリ専門家|取得しておくと便利な宅建|通信講座なら自分のペースで学べます

取得しておくと便利な宅建|通信講座なら自分のペースで学べます

男性

口と耳のリハビリ専門家

カウンセリング

対話の基本機能を回復する

話す・聞くといった行為は人間のコミュニケーションの根幹をなす重要なものですが、時にはケガや病気などによってその機能が衰えたり、失われたりすることがあります。これを回復するには、専門的な知見に基づいたリハビリテーションが必要となります。言語聴覚士は、そうした発話や聴覚に係る機能回復訓練を専門に行う職種です。対象とする主な傷病は失語症・吃音・構音障害などで、小児の先天的障害から高齢者の認知機能の低下による障害まで幅広い患者層をカバーします。言語聴覚士は1997年に国家資格に認定された、比較的新しい制度です。そのため資格保有者がまだそれほど多くなく、医療機関やリハビリテーションセンター、介護関連施設などでは高い就職人気を有しています。

受験には専門学習が必要

言語聴覚士になるには、国が指定した養成学校で所定の学課や臨床について学んだ後、国家試験に合格する必要があります。養成学校は大学・短大・専修学校等で、学習期間は高校卒業者の場合は3〜4年、一般の大学卒業者の場合は2年となっています。養成学校では基礎医学・臨床医学・音声学など幅広い分野について学習します。障害には心理的要因が関わることがあるため、心理学についても学ぶ機会が設けられています。言語聴覚士の国家試験は毎年1回、2月ごろに実施されます。試験はすべて選択式の筆記試験で、正解率60%以上が合格の目安となっています。試験の合格率は年によってばらつきがありますが、ここ5年ほどはおおむね70%前後で推移しています。新卒者に限れば合格率は80%近くに達します。

Copyright© 2015 取得しておくと便利な宅建|通信講座なら自分のペースで学べますAll Rights Reserved.